2021年05月11日(火曜日)

茨城放送と茨城新聞の「防災ハンドブック」県教育庁に10万部寄贈

 

小学生の防災教育に役立ててもらおうと、茨城放送は茨城新聞社と共同で「いばらき防災ハンドブック2021」を

作り、10日、県教育委員会へ10万部を寄贈しました。「防災ハンドブック」は、10年前の東日本大震災や近年相次

いでいる大規模な自然災害の教訓を踏まえ、災害の時に役立つ情報をまとめています。地震や風水害、原子力災害

に関して、それぞれの特徴と備え方をイラスト付きで解説しています。

小学生が読みやすいよう、漢字にはフリガナをつけています。

防災ハンドブックを受け取った県教育委員会の小泉元伸教育長は、事前に学ぶことが大切との考えを示しました。

「防災ハンドブック」は、教育委員会を通じて県内のすべての小学5年生と6年生あわせて7万人に配られます。