2023年01月25日(水曜日)

「県民フォーラム」は「国民民主党」に

県議会の野党系会派「県民フォーラム」は、1月25日までに、高萩市北茨城市選挙区から選出されている新人の大足光司議員54才を加えて定例会の代表質問に必要な4人に回復させ、会派名を「国民民主党」に変更しました。

国民民主党県連の複数の関係者によりますと、先月(12月)行われた県議会議員選挙で同じ会派に所属していた当時の無所属・現職が落選して3人となり、一時、定例会の代表質問権を失っていました。一方、国民民主党員の大足議員は、去年(2022年)11月に亡くなった自民党の岡田拓也氏の周辺の要請で急遽、無所属で出馬し与野党双方の支持を集めて初当選した経緯から関係者と慎重な調整を続けていました。大足議員は、茨城放送の取材に対し、「無所属でいてほしかったとの話もあったが、県に要望を伝えるなら会派に所属した方が良い。国政では話は別になるが、地元では、政党色を出すことなく、自民党と一緒にまちづくりを進めていく」などと県議としての方向性を示しました。