2022年12月07日(水曜日)

茨城県の幸福度は総合10位

茨城県は、日本一幸せな県づくりを確認する指標として導入している幸福度指標に、今年度は、相対的貧困率、不登校の児童・生徒の割合、転入超過率の3つの項目を追加したと、このほど、発表しました。

「いばらき幸福度指標」は、公表されている政府統計などを使って幸福を「見える化」したもので、全国の都道府県の数字と比較して順位を出しています。相対的貧困率など新たな3つの指標を加えて、41の指標で計算したところ、茨城県の幸福度の全国順位は、豊かさが上がった一方で、人材育成と安心安全が順位を落とし、総合では去年よりひとつ順位を落として愛知県に次いで10位となりました。