2022年12月05日(月曜日)

茨城県議選 期日前投票率 中間第1回 前回を上回る

12月11日に投票が行われる茨城県議会議員選挙で、4日までの序盤の2日間に期日前投票を済ませたのは、全体の2.56%にあたるおよそ4万9700人で、4年前の前回を上回っていることが、県選挙管理委員会のまとめで判りました。

県の選管によりますと、12月3日と4日の二日間の期日前投票の投票率は前回4年前より0.62ポイント上回り、人数では1万6700人上回りました。県選挙管理委員会の担当者は「無投票の選挙区が前回に比べ減った。新型コロナウイルスの感染防止で密を避けたい人が期日前投票を利用している」と要因を分析しています。

期日前の投票率が高いのは、桜川市選挙区の4.88%、日立市選挙区の3.72%、潮来市・行方市選挙区の3.49%です。反対に、最も低いのはつくばみらい市選挙区の0.94%です。

期日前投票は、投票日当日に仕事や旅行などで投票所に行けない人が事前に投票出来る制度です。今回は、無投票となった6つの区を除く26の選挙区で、市役所などに投票所が設けられています。