2022年11月25日(金曜日)

つくば市内の産婦人科でニューボーンフォト

 

生まれて間もない赤ちゃんの写真を撮影する「ニューボーンフォト」のサービスを、つくば市の筑波学園病院が始めました。

 

 

筑波学園病院では、守谷市とつくば市を拠点に商業用写真を撮影する「スタジオライズ」社が、今年7月から、生まれて間もない新生児の記念撮影を院内で進めています。スタジオに模様替えした個室では、病棟用の服を羽織った女性写真家の声が柔らかく響きます。

 

 

助産師の飯田ひろ美さんは、「退院後に撮影に出かける負担を省ける」と説明します。筑波学園病院・広報担当の坂入祐司さんは、新型コロナの感染防止を踏まえたサービスでもあると話します。病院では、追加の出産費用なしでこのサービスを提供しており、10月末までに撮影を済ませた116人の新生児の母親へのアンケートでは、母親の9割から「非常に良い」あるいは「良い」との回答を得ているということです。