2022年11月10日(木曜日)

高校野球来春のセンバツ大会 21世紀枠に常磐大学高校を推薦

来年の春、甲子園球場で開かれる選抜高校野球大会で、特色ある部活動を行っている学校から選ばれる21世紀枠について、茨城県高校野球連盟は11月10日、水戸市の常磐大学高校を推薦したと発表しました。来年春の21世紀枠は来年1月27日に出場校が決定します。

県高野連によりますと、常磐大学高校は校舎から練習場まで自転車でおよそ30分かかり、練習時間に制約がありますが、今年秋の関東高校野球茨城県大会で準優勝するなど茨城を代表するにふさわしいとされました。高校野球の21世紀枠は困難な練習環境を克服したり地域貢献活動に取り組んだりと特色ある部活動を行っている学校が対象で、全国で3校が選ばれます。