2022年10月14日(金曜日)

水戸市立双葉台中学校 職場インタビュー 職場体験の新しい形 冊子にまとめる

水戸市内の企業で働く熱意ある大人と関わることで地域に愛着を持ち、将来地元で働くことへのイメージを持ってもらおうと、水戸市の双葉台中学校ではこのほど、生徒が市内の企業を見学したり従業員にインタビューしたりする職場体験を行いました。

 

 

職場体験を行ったのは双葉台中学校の2年生88人で、5人から7人のグループに分かれて水戸市内の15の企業を訪問しました。このうち、水戸市柳町の納豆製造業「だるま納豆」では、生徒6人が仕事内容について現場の従業員にインタビューしたり大豆から納豆ができるまでの過程を見学したりしました。

 

 

生徒が行ったインタビューの内容は「仕事図鑑」というタイトルの冊子にまとめられます。来年1月ごろから水戸市役所や市内の公共施設に置かれ、誰でも読めるようになる予定です。