2022年10月03日(月曜日)

大井川知事 10月8日から南米訪問 ブラジルなどで県産品の販路開拓行事

茨城県の大井川知事は10月8日から17日まで、茨城県人会の設立から60年を迎えた南米のブラジルとアルゼンチンを訪問します。

茨城県によりますと、茨城県出身の移民や家族で構成する茨城県人会の会員はブラジルに1780人、アルゼンチンに500人います。大井川知事は2つの国の県人会から去年、記念式典への出席を要請されていましたが、新型コロナの影響で開催が延期になっていました。大井川知事は、今回の南米渡航に合わせて、経由地であるカナダのバンクーバーやブラジルのサンパウロで、常陸牛など県産品の試食会を行って輸出の販路開拓を進めることにしています。

大井川知事の海外訪問は、特定技能を持つ外国人労働者の受け入れに向けた協力関係を強化しようと、3年前の2019年11月にベトナムを訪問して以来となります。