2022年09月09日(金曜日)

新型コロナ、県大規模接種会場は9月で終了

茨城県が県内4か所に開設している新型コロナワクチンの大規模接種会場が、9月いっぱいで運営を終了することになりました。

県の大規模接種チームによりますと、茨城県の人口に占めるワクチン接種者の割合は3回目、4回目とも全国平均より3ポイントから4ポイント上回っていて、市町村でも速やかな接種体制の構築が出来ているということです。

また、県の大規模接種会場でワクチン接種を受ける人の数も8月は1会場あたり一日400人から500人でしたが、9月に入ってからは250人程度まで減っています。
このことから、県では、市町村を補完する当初の目的を果たしたとして、大規模接種会場の運営を9月いっぱいで終了することにしたものです。