2022年09月01日(木曜日)

茨城県議会開会…コロナ禍物価対策など補正予算

茨城県議会の第3回定例会が、9月1日開会し、県執行部は物価高騰対策などおよそ118億円の補正予算案など16の議案を提案しました。

 

 

補正予算案の主なものは新型コロナウイルスの感染が収まらないなかでの物価高騰対策として低所得の子育て世帯に1人5万円の給付金を支給することや燃料価格が高騰するなかで農業に使う化学肥料をたい肥などに転換するための機器を整備する費用、それに、観光業の支援として、茨城県内の35カ所の施設で使える1回2000円の体験観光チケットを配る費用などです。

そのほか、今回の定例県議会では性暴力を根絶する条例案や災害・病気以外で議会を欠席した場合に議員報酬を削減する条例改正案などが追加提案される予定です。

第3回定例県議会の会期は9月28日までです。