2022年08月16日(火曜日)

守谷 大型物流倉庫火事 けさ鎮圧  鎮火への確認作業続く

14日未明、守谷市にある物流業者の大型の倉庫から火が出た火事は、消火活動が続けられ、2日以上たった16日9時、火はおおむね消し止められました。

消防によりますと、けが人はいないということです。火事は、14日の午前2時半ごろ、守谷市百合ケ丘1丁目の物流業者、「アズマロジスティクス」の倉庫で発生しました。倉庫は鉄骨造2階建て、およそ5200平方メートルの広さがあって、消防車両20台が出て消火活動に当たり、通報から55時間たった16日午前9時、火はおおむね消し止められました。倉庫にはゴム手袋やマスクなどが保管されていたということです。けが人はいないということです。

現場は、つくばエクスプレスの守谷駅に近い工場が多く集まる所ですが、現時点で周囲への延焼は確認されていません。炎も消えていますが、火種は残っている可能性があり、消防が中に入って水の入った水鉄砲のような「水のう」で、火種を見つけると消しながらという作業で確認をしています。完全に火種が消えて鎮火するまで、さらに時間がかかっています。