2022年08月10日(水曜日)

「ニュースなニューズ 」つくば市のモーハウス、授乳服をウクライナ避難民に寄付

ニュースなニューズ。

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が長期化する中、授乳服を手がける、モーハウスはウクライナから日本に避難してきた人たちに自社製品の授乳服を寄贈しました。幼い子どもがいる5組の家族に授乳服や下着を届けたということです。

授乳服は肌を露出せずいつでも授乳できる服です。授乳服と授乳用下着をセットにして20着を準備しました。SNS上のウクライナ人コミュニティーで募集をかけたということです。今後も協会を通じて無償提供を続けます。

また、モーハウスと連携した茨城県国際交流協会でもウクライナから避難してきた人たちを支援しようと、ボランティアの派遣や翻訳機の貸し出しなどを行ってきました。今後とも、県などとも連携しながらよりよい支援策を打ち出したいとしています。