2022年08月08日(月曜日)

茨城交通・路線バスの全車両に キャッシュレス決済を導入へ

水戸市を中心にバスの運行をしている茨城交通はこのほど、全ての路線バスにスマホの画面をかざしたり軽くタッチしたりするだけで支払いが完了するキャッシュレス決済を来年12月に導入すると発表しました。

現在は茨城交通が発行するICカードや現金でしか運賃の支払いが出来ませんが、来年12月からはこれらに加え、「VISA」カードによるタッチ決済と「ペイペイ」などのQRコード決済が選択できるようになります。

バスを400台所有する規模の会社で、全てのバスにキャッシュレス決済を導入するのは、茨城交通が全国で初めてだということです。茨城交通は高速バスの支払いにタッチ決済を導入するなど、これまでも積極的にキャッシュレス決済の利用を進めていました。