2022年07月25日(月曜日)

ひたちなか市で音楽フェス「LuckyFes」初日は1万3千人

 

 

ひたちなか市の国営ひたち海浜公園では23日と24日、音楽フェス「LuckyFM Green Festival」が行われ、初日は1万3千人が訪れました。厳しい暑さのなかで始まりましたが、客どうしは間隔をあけて立ちながら、体を揺らすなどしながら演奏を楽しんでいました。総合プロデューサーの堀義人さんは「これだけの方々が来てくれて、うれしい。半年間、ご迷惑をおかけしたこともあるかもしれないが、今はすばらしいものができたと思っている」とあいさつしました。

 

 

 「Lucky Fes」は、「ロック・イン・ジャパン・フェス」が、新型コロナウイルスの対策が難しいことなどを理由に、今年から千葉市に移転したことを受け、茨城での音楽フェスを継続しようと、開催されました。60組以上のアーティストが出演したほか、いわゆる「フェス飯」として、茨城などの食を提供するブースも出展しました。新型コロナの感染対策として、観客どうしが間隔を取れるように、それぞれのステージで入場の上限を設けたり、大声を出さないよう呼びかけました。