2022年06月29日(水曜日)

サッカーU21日本代表の大岩監督 つくば市の関彰商事でアジアカップ報告会

 

2年後の年後のパリオリンピックで、サッカー日本代表の監督を務める大岩剛さんがウズベキスタンで行われた23歳以下のサッカーアジアカップで3位となった報告会をこのほど、スポーツアドバイザーを務めるつくば市の関彰商事で開きました。

 

 

6月1日からウズベキスタンで開かれた「U23 アジアカップ」にはアジア各国から16チームが参加しました。日本はパリオリンピックの世代となる21歳以下の代表チームが参加し、準決勝で開催国であるウズベキスタンに2対0で敗れたものの3位決定戦でオーストラリアに3対0で勝ち、3位で大会を終えました。

大岩さんは報告会に集まった関彰商事の社員およそ50人を前に、パリオリンピックに向けて「今後は、ヨーロッパ遠征をしながらチームを強化する」と力強く語りました。