2022年06月28日(火曜日)

木内幸男さんの追悼展開幕、土浦

高校野球の監督として、春夏あわせて3回の全国制覇を達成し、おととし亡くなった木内幸男さんの功績を振り返る追悼展が始まりました。追悼展は、常総学院と取手二高を率い、甲子園で春夏合わせて3回の優勝を果たした木内幸男さんの功績を多くの人に振り返ってもらおうと、市内に常総学院がある土浦市で企画されました。

 

 

土浦市の、JR土浦駅西口にある市民ギャラリーで開幕した追悼展では、優勝旗や盾、写真などおよそ80点が展示されているほか、教え子らが出演する追悼動画や記念撮影もできる等身大パネルも用意されています。

 

 

初日のきょう(28日)は、関係者による式典が開かれました。式典で挨拶した土浦市の安藤真理子市長は「木内野球、木内マジックのさまざまな功績をご覧いただければ」と話し、常総学院ではエースで4番、プロ野球でも活躍した常総学院野球部監督、島田直也さんは「本当に偉大な人に教えてもらっていたという思いでいっぱい。怒られたこともいい思い出です。教わったことを子どもたちに教えていきたい」と話しました。

 

 

木内幸男さんの追悼展は、7月24日まで開かれています。