2022年06月28日(火曜日)

比例票63人分無効見込み つくば市、選挙区用紙誤って交付

茨城県選挙管理委員会は27日、つくば市で、参院選比例代表に投票しようとしていた有権者63人に誤って選挙区用投票用紙を交付するミスがあったと発表しました。比例票は無効になる見込みです。

26日の「イオンモールつくば期日前投票所」で、投票が始まった午前10時から午後0時20分ごろに訪れた人に誤って交付しました。用紙を置く机を間違え、複数人の担当者で行うべき種類の確認も1人でしていたことが原因でした。

64人目の有権者が間違いを指摘しました。63人に謝罪するということです。