2022年06月09日(木曜日)

参院選、80才元大学教授が無所属出馬表明 立候補予定者説明会に8陣営出席

 

7月10日投票で調整が進む参議院議員選挙の茨城選挙区で、取手市の80才の元大学教授の男性が無所属で立候補することを6月8日明らかにしました。

立候補を表明したのは、取手市に住む元大学教授の仲村渠哲勝氏 80才で、これまでに選挙に立候補した経験はないということです。仲村渠氏は沖縄県の南城市出身で、福島県いわき市の大学などでドイツ語や哲学を教えていたということです。仲村渠氏はポスターの掲示と選挙公報だけで自分の主張を訴え、街頭演説やSNSの活用などの選挙運動はしない考えを示しました。今回の参議院議員選挙で、改選議席2の茨城選挙区から立候補することを表明したのは仲村渠氏で8人目です。

仲村渠氏以外で立候補を表明しているのは自民党の元県議会議員 加藤明良氏 54才、日本維新の会の 元鹿沼市議会議員 佐々木里加氏 55才、共産党の元県議会議員 大内久美子氏 72才、立憲民主党と国民民主党が推薦する無所属で、「連合茨城」執行委員の堂込麻紀子氏 46才、NHK党の会社員 丹羽茂之氏 30才、同じくNHK党の会社経営 村田大地氏 44才、そして、参政党の建築会社役員 菊池政也氏 37才です。

参議院議員選挙は今の通常国会の会期が延長されなければ、6月22日公示、7月10日投票で行われる見通しです。