2022年05月23日(月曜日)

「ニュースなニューズ」《地域の活力応援し隊 小美玉市でウクライナ避難民対象の日本語教室始まる。》

ニュースなニューズ。「地域の活力応援し隊」。

小美玉市を拠点に、5月23日から、ウクライナからの避難民を対象としたオンラインによる無料の日本語教室が始まりました。教室では「こんにちは」「おいしい」など、日常会話ができることを目標にしています。

日本語教室を開くのは、小美玉市を拠点に日本語講師の派遣やオンライン授業などを行っている「日本語ゆめラボ」の経営者、羽鳥愛さんです。羽鳥さんは自分でも日本語講師を務めるほか「ゆめラボ」に登録している日本語講師の資格を持つ5人のスタッフが日本語の授業を担当します。

茨城県内には5月9日の時点でウクライナからの避難民8人が知り合いなどを頼って身を寄せています。羽鳥さんは「地域で安心して過ごすお手伝いができれば」と、県内の44市町村などに案内のチラシを送りました。

小美玉市を拠点に、ウクライナからの避難民を対象とした無料のオンライン日本語教室を始めた羽鳥愛さんに話を聞きました。聞き手は報道デスクの畑中一也でした。