2022年05月16日(月曜日)

参院選茨城選挙区  維新は新人の佐々木里加氏を擁立

 

今年夏の参議院選挙で、日本維新の会・茨城は5月13日、新人の佐々木里加氏55才を茨城選挙区に公認候補として擁立することを内定したと発表しました。

佐々木氏は東京都出身で、多摩美術大学大学院を卒業したあと、美術作家となりました。3年前に栃木県鹿沼市の市議会議員選挙に立憲民主党公認で立候補し当選しましたが、任期途中で辞職しています。

佐々木氏は、力を入れる政策として、教育の無償化と格差・貧困対策としてすべての国民に無条件で毎月7万円を支給する「ベーシックインカム」を挙げました。

参議院選挙の茨城選挙区をめぐっては、すでに自民党が加藤明良氏54才、共産党が大内久美子氏72才をそれぞれ公認し、国民民主党・立憲民主党・連合茨城の2党1団体は堂込麻紀子氏46才を無所属の形で擁立しています。立候補の表明は日本維新の会・茨城の佐々木氏が4人目となります。