2022年05月13日(金曜日)

トラクターの下敷きになり男性死亡・石岡

石岡市の農道で、5月12日夕方、80代の男性がトラクターの下敷きになって死亡しているのが発見されました。

12日午後5時ごろ、石岡市三村の路上で、トラクターの下敷きになっている男性を近くに住む人が発見しました。通報を受けて、警察官が現場に駆け付けたところ、男性はその場で死亡が確認されました。死亡したのは石岡市三村の農業、本田幹さん81歳です。

石岡警察署の調べによりますと、死因は胸部を強く圧迫されたことによるものでした。現場は坂道で本田さんは前輪と後輪の間に倒れていたことから、トラクターのタイヤに轢かれたものとみられています。

茨城県警察本部は、農作業中の交通事故が例年5月と6月に多く、その中でも高齢者の割合が高い事から注意を呼び掛けています。