2022年05月12日(木曜日)

JAやさと有機栽培部会・新ロゴマーク決定

化学肥料を使わない有機農業を行うJAやさと有機栽培部会はこのほど、認知度の向上を目指してやさと地区の山々のイラストを描いた新しいロゴマークを制定したと発表しました。

石岡市のJAやさと有機栽培部会は、旧八郷町を拠点として25年前から活動しており、現在31軒の農家が所属しています。具体的な活動としては、レタスや人参の有機栽培のほかに高齢化による農家の減少を防ぐため毎年2組の日本人の研修生を受け入れるなど、新規就農者を増やす取り組みをしています。

ロゴマークは、やさと地区の山々を背景として生産者、生協など支援者との繋がり、有機野菜の栽培を表した三色の葉の形が輪とともにデザインされており、インターネットのSNSのアイコンなどに活用される予定です。ロゴマークは、部会に所属する生産者からデザインを募集し、生産者による投票でデザインが決定しました。