2022年05月12日(木曜日)

常総市・「4市連携ウクライナ避難民支援 ひまわり基金」を実施

ロシアの侵攻に伴うウクライナからの避難民2人を受け入れている常総市は5月15日から避難民を支援する募金を始めます。

常総市は現在、避難民に対して日本語教室を紹介するといった支援を行っていますが、ロシアの侵攻が今後長引くことも予想されるため長期的な支援と、市民の理解が必要だとして募金を行うことになりました。

常総市は、3月から周辺の守谷市・坂東市・つくばみらい市と連携して避難民の受け入れ支援を始めており、連携する他の3つの市もそれぞれ募金を行う予定です。募金箱は市役所の窓口や市内の公共施設など6カ所に設置されます。また、徳川家康の孫である千姫にちなんだ「千姫まつり」が行われる5月15日には、祭りの会場内4カ所にも募金箱が設置される予定です。