2022年04月26日(火曜日)

J2水戸 3期連続赤字も 売上最高更新 黒字体質を目指す

 

サッカーJ2水戸ホーリーホックが株主総会を開き、昨シーズンは3期連続となる赤字だったと報告しました。移籍金収入などがあったものの、コロナ禍の前と比べると厳しい状態が続いていて、純損失は4900万円と3期連続の赤字となりましたが、売上高にあたる営業収入は、広告料収入の増加などにより、8億2400万円と過去最高を更新しました。

今シーズンは入場者数や広告料収入などのさらなる増加を目指し、800万円の黒字を目標としています。一方、3年前から明らかにしている、ホーリーホックの本拠地となる新しいスタジアム構想は、コロナ禍で進んでいません。候補地や費用などについて、関係者との協議を続けているということです。