2022年04月20日(水曜日)

茨城県内旅行割引「いば旅」あんしん割  5月末まで延長、GWは対象外

新型コロナで落ち込んだ観光業を支援するため、茨城県は4月20日、県内旅行の料金を割り引く「いば旅」あんしん割の期限について、大型連休期間を除く5月31日まで延長すると発表しました。割引の対象は、茨城県民のほか同意が得られている栃木県や群馬県など関東の6つの県です。

茨城県によりますと、事業の継続は、政府の地域観光支援事業の延長に伴うものです。「いば旅」あんしん割はワクチン接種や検査、陰性証明を条件に茨城県内での宿泊料を最大2分の1まで割り引くもので、2021年度は1年間でおよそ10万人が利用しています。

県観光物産課では、「感染予防と経済の両立が進み、昨年度より需要が増えるのではないか」と話しています。