2022年04月20日(水曜日)

「ニュースなニューズ 」 国際奉仕などに力 水戸東ロータリークラブの木内洋一会長

ニュースなニューズ。

世界で初めての奉仕クラブ団体とされるロータリークラブはアメリカのシカゴ市で1905年に発足して以来、117年目に入りました。現在は世界200か国に広がり、会員数の減少といった課題を乗り越えながら、人材育成と国際的な奉仕活動の強化などに取り組んでいます。そこで、水戸東ロータリークラブの木内洋一会長に、活動の現状と課題などを聞きました。

 

 

「水戸市中学生春季ソフトテニス大会・水戸東ロータリークラブ杯」は5月7日、水戸市総合運動公園のテニスコートで開かれ、水戸市内の中学校のソフトテニス部員500人が参加します。大会は青少年の健全育成を目的に、今年で14回目を迎えます。