2021年05月13日(木曜日)

五輪、再延期や中止の判断も選択肢 知事

茨城県が東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会から、選手や関係者が新型コロナウイルスに感染した際に受け入れる専用病床を確保するよう求められ断っていたことが分かりました。

これは大井川知事が12日の記者会見で明らかにしたものです。この中で、大井川知事は「県民より選手を優先できない」として断ったことを明らかにしました。

また、東京オリンピックで、鹿嶋市のカシマスタジアムは東京オリンピックのサッカー競技の会場になっていますが、東京オリンピックの開催の是非について、大井川知事は「状況によっては中止や延期という判断もありうる」と述べました。

東京オリンピックの実施には、一層の感染防止対策が必要と述べました。

過去記事アーカイブ