2021年05月14日(金曜日)

ワクチンの安定的供給や医療体制の強化を 県市長会と県町村会が要望

ワクチンの安定的な供給や医療体制の強化などを求め、県市長会と県町村会が14日、県に要望書を手渡しました。

 要望では要求量に見合ったワクチンの安定的な供給のほか、産業医なども活用した医師不足の解消で医療体制を強化すること、さらに、地域の実情に応じた大規模な接種施設の設置などを求めています。

要望を受けた大井川知事は「集団免疫を作って、感染拡大防止を進めることが大切。できることをやって、地域を支援する」などと述べました。

過去記事アーカイブ