LuckyFM茨城放送 食プロジェクト

LuckyFM茨城放送 食プロジェクト

ラジオ放送を通じ、東日本大震災時の原発事故による風評被害の払しょくと、茨城の食材の魅力を高めようという取り組みで、2013年にスタートしました。茨城県内のさまざまな「食」の資源を紹介しながら、「食」を盛り上げると共に、「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律」の一部施行に伴う、6次産業化に対する各地の取り組みにもかかわってきました。新たな商品の開発、そして、地域を取り上げていくなど。このトレンドを鑑み、今後も、茨城県内の各地域、企業団体との連携強化につながる取り組みとしていきたいと考えています。

2021年11月22日(月曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」稲敷市でれんこんを生産している、JA稲敷れんこん部・浮島支部長の黒澤克巳さん!

(写真左:JA全農いばらき 金子さん / 写真右:JA稲敷 蓮根部浮島支部 支部長 黒澤克己さん)

 

2021年11月22日の「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、稲敷市でれんこんを生産している生産者をご紹介しました。メッセージは、JA稲敷れんこん部・浮島支部長の黒澤克巳さんでした。

5年前の11月、全国のれんこん生産者が茨城に集まりサミットを開きました。これを契機に、生産者が自ら、都内の市場へ積極的に出向いて仲買人に向けた試食やPRを行うなど、11月は毎年、茨城県内の生産者がれんこんの消費アピールに力を入れるようになっています。

 

 

 日本一の産地である霞ヶ浦周辺でも、南に位置する稲敷市浮島地区のれんこんはひときわ白くて甘く、「浮島れんこん」と呼ばれ、評判です。砂の粒子が細かく、着色しやすい鉄分が少ない浮島地区の環境は、れんこんが茶色くったり、黒くなったりしにくいということです。

中学生の時、茶碗にごはんの粒を残して食事を終えたところ、同級生から「米は収穫まで1年かかる。残さずに食べよう」と声をかけられ、農業や食の大切さに気づいて、農業に興味を持った黒澤さん。

 父のれんこん畑を受け継ぎ、れんこん生産に携わって20年がたちました。

 JA稲敷れんこん部の浮島支部長を務め、後継者の育成にも力を入れます。

2021年11月16日(火曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」常陸太田市で常陸秋そばを栽培している生産者さん。常陸秋そば生産部会・副会長の名田部治さん!

(写真右側から、名田部治さんと奥様のツヤ子さん)

2021年11月15日の「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、常陸太田市で常陸秋そばを栽培している生産者をご紹介しました。

メッセージは、常陸秋そば生産部会・副会長の名田部治さんでした。秋そばの生産部会には、現在60人くらいが所属しています。

 

 

常陸秋そばは粒揃えや品質が良く、そば特有の香り、風味、甘味がある茨城のブランドそばです。

江戸時代のころから品質が高く、当時を記録していた日記にもたびたびそばに関する記述があります。

徳川光圀公は、藩主を退き、晩年を過ごしていた常陸太田市の西山荘で、自らそばを打ち、訪れた人にそばをふるまうほどそば好きでした。

名田部さんがお住いの赤土町は、地名通り赤い土壌で、山あいの傾斜地にそば畑が広がっています。山間部で昼夜の寒暖差の大きい、霧の立ち込める地形が味のよいそばを育てます。小石の混じった赤土町を中心とした地域は、水はけがよくそば作りに適しています。

現在87歳の名田部さん。物心ついたころからそば栽培の手伝いをしていて、祖父、父、名田部さんと、少なくとも三世代がそば作りに携わりました。

息子に胸を張りそば畑を譲りたいと今日も元気にそば作りに奮闘します。

 

2021年11月09日(火曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」八千代町のレタスの生産者さんで、JA常総ひかり八千代地区、予冷部会・部会長の野中洋さん!

 

2021年11月8日の「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、八千代町のレタスの生産者をご紹介しました。

メッセージは、JA常総ひかり八千代地区 予冷部会・部会長の野中洋さんでした。

ご両親の畑を継ぎ、レタスの栽培に関わり始めて20年ほどの野中さん。

現在はレタスのほか、キャベツや白菜、それに暖かい時季はメロンやピーマンも栽培しています。

今年は、天候にも恵まれ、甘くて、みずみずしく、歯触りの良いレタスができました。1玉600グラムから700グラム、ぎっしり実の詰まったレタスを、毎日スタッフの手で収穫しています。

 

 

おいしいレタスの見分け方を尋ねると、レタスをひっくり返し、芯の部分が白いことがポイントだと教えてくれました。大きさ、鮮度ともにちょうどいい証拠で、芯が緑色のレタスはまだ若いそうです。

 

 

八千代地区には30人ほどのレタスの部会員が所属していて、八千代地区全体での1日の収穫量はおよそ25トン!

東京など首都圏をメインに、北は仙台、南は大阪と、東日本のスーパーなどを中心に出荷されています。

2021年11月02日(火曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」八千代町の白菜の生産者さんで、JA常総ひかり秋冬白菜部会に所属している秋葉貞夫さんです!

 

2021年11月1日の「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、八千代町の白菜の生産者をご紹介しました。メッセージは、JA常総ひかり秋冬白菜部会に所属している秋葉貞夫さんでした。

 茨城県は、白菜の生産量が全国1位!中でも八千代町は、茨城県内一の白菜の産地です。霜が降りるこれからの季節は、葉に蓄えられた養分が糖化してやわらかくなり、甘味のある白菜が収穫できます。この地域、この季節ならではの白菜です。

 

 

 

白菜の栽培をはじめて45年の秋葉さん。おいしい白菜の見分け方を尋ねると、白菜を上から押して硬いのは実が引き締まっている証拠だと教えてくれました。

秋葉さんは、冬から春にかけては白菜とキャベツ、夏はトマトにピーマンと、様々な野菜を栽培しています。18歳からご両親の畑を手伝いはじめ、現在は奥様や息子さん夫婦、技能実習生と一緒に農作業に励んでいます。

今年は平年より小さめですが、それでもひと玉3.5キロを超え、人間の赤ちゃんと同じくらいずっしりした重さの白菜ができました。

 秋葉さんが作った白菜は、茨城県内はもちろん、東京などの首都圏、さらに北は仙台、南は大阪と、東日本のスーパーなどに出荷されています。

最近の記事

バックナンバー