LuckyFM茨城放送 食プロジェクト

LuckyFM茨城放送 食プロジェクト

ラジオ放送を通じ、東日本大震災時の原発事故による風評被害の払しょくと、茨城の食材の魅力を高めようという取り組みで、2013年にスタートしました。茨城県内のさまざまな「食」の資源を紹介しながら、「食」を盛り上げると共に、「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律」の一部施行に伴う、6次産業化に対する各地の取り組みにもかかわってきました。新たな商品の開発、そして、地域を取り上げていくなど。このトレンドを鑑み、今後も、茨城県内の各地域、企業団体との連携強化につながる取り組みとしていきたいと考えています。

2021年01月26日(火曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」、水戸市本田農園の本田武士さん!

きょうの「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、水戸市でトウモロコシや白菜を生産する生産者をご紹介しました。ッセージは、本田農園の本田武士(ほんだ・たけし)さんでした。

 

本田さんは水戸市出身の24歳!若手新規就農者です。16歳のころ、トウモロコシや米、干し芋などを作っている知人のもとで手伝いをしたことをきっかけに、農業の仕事に就きました。メインで生産しているトウモロコシの栽培方法は知人のもとで学んだそう。5年半をかけて土づくりなどを学び、農園をオープンさせました。トウモロコシの裏作ではじめた白菜は、茨城町と水戸市内あわせて5ヘクタールの畑でピーク時は6人のスタッと、年間およそ150トンを出荷しています。今月来月がまさに出荷のピーク。年越しをしてからが旬で、まさに美味しい時期です!寒ければ甘くなり、味ものってきます。ことしの白菜は、実がぎゅっとしていて、重さもずっしりとあり、満点の出来だそうです!本田さんも新型コロナの影響をうけましたが、近隣の人たちに収穫体験を呼び掛けたところ、たくさんの家族連れが参加しました。

子供たちも楽しく収穫でき、本田さんが理想とする楽しい農業ができたそうです。デザイナーと一緒に考えた自社ブランド「ミトレル」は、若い人たちが農業との距を近く感じるようにと作りました。昨年第一弾商品としてトウモロコシを販売し、今後も販路を拡大していきたいという本田さん。おいしい白菜を沢山食べて、夏のトウモロコシも楽しみにしていてほしいと話されていました!

2021年01月25日(月曜日)

「いばらきを食べて大きくなろう!」稲敷市から「れんこん」の生産者、「れんこん三兄弟」次男の宮本昌治さん!

煮物に適した旬のれんこん。

 

 

稲敷市でれんこんの栽培を営む宮本三兄弟は、「れんこん三兄弟」という株式会社を設立し、3人で経営から栽培を行っていらっしゃいます。兄弟で最高のれんこん作りに挑む、次男の宮本昌治さんにメッセージをいただきました。近日、放送予定です。

 

 

 

2021年01月25日(月曜日)

2021年1月19日(火曜日) < いばたべGO! ~ れんこん( 稲敷市 ) ~ >

第34回『 いばたべGO! 』は、みぞれが降る極寒の稲敷市から「れんこん」のご紹介

with KATSUMIさん。

 

あまりの寒さに震える私たち…。

 

 

ただ、こんな寒い日でも、れんこんの収穫に休みはなし…。

特に今年は豊作で収穫が間に合わないほど!とのお話。冬の寒い時期は、水面の凍結もあり、午後から日が暮れるまで収穫作業が行われるんですって。

本当に、本当に、お疲れさまです!

 

 

そして、収穫された「れんこん」がこちらです。

 

 

茨城のれんこんの特徴は‘ぷっくり団子状’‘柔らかな肉質・甘み’‘肌のきめ細かさ・美しく白い’とあって。さすが!生産量日本一!の自慢のれんこん(^^)v

 

 

今回お話を伺うのは、れんこん三兄弟の次男・宮本 昌治さん。

ん?!れんこん三兄弟って。。。れんこん農家さんだから?!れんこんの節に関係ある?!

 

 

どうやら、宮本さん自身が本当に三兄弟でそれぞれ役割分担をしながら、一緒にれんこんを栽培しているとのこと(*^^*) お父さんの後を継いでれんこんを作るなら「3人がいい!」と三兄弟のパワーが集結~☆

 

 

旬は冬と思われがちですが、実は季節によって違う食感や味が楽しめるのが「れんこん」。

部位によって違った料理法で、お好みの味を見つけてみるのも楽しいかも♡

 

宮本さんのおすすめは、れんこんをすりおろしてお味噌汁に入れる‘れんこん汁’。デンプン質が豊富なため、温かいお味噌汁に入れるとトロミが出て、とっても身体があたたまるそうですよ。

 

そして、さらに手軽に「れんこん」を食べてもらいたい!という思いで開発したという『れんこんちっぷ』がこちら。パッケージもおしゃれな、ピンクソルト・あおのり・しょうゆ味の3種類♪

 

 

これ、一度食べたら止まらない美味しさなので注意です( *´艸`)

3種類の味がとてもいいアクセントとなり、「れんこん」の本来の旨味をさらに引き出してくれています。これも素材があってこそ!ですよね。

 

三兄弟が作る、それぞれの思いと愛情が詰まった「れんこん」。これからも進化し続ける《れんこん三兄弟》の「れんこん」を みなさんもぜひ一度、口に運んで見てください♪

 

お忙しい中、収録にご協力をいただきまして、ありがとうございました。

 

※詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

 

 

2021年01月19日(火曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」、常陸大宮市おひさまのいちご園の菅野大志さん!

きょうの「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、常陸大宮市でイチゴを生産する生産者をご紹介しました。

メッセージは、常陸大宮市野口にある「おひさまのいちご園」の菅野大志(かんの・だいし)さんでした。

菅野さんは埼玉出身で、子供が生まれたことをきっかけに農業を始めました。農業ができる場所を常陸大宮市の御前山地区の野口で新規就農した先輩農家さんに出会ったこと、那珂川沿いの景色にほれ込んだことから決めました。圃場のある場所は、もともと那珂川の一部で、川が運んだミネラルたっぷりで肥沃な土壌です。自然豊かで、昼と夜の気温差が大きく、御前山の地理的・気候的特徴が、濃厚で美味しいイチゴを育ててくれます。日当たり、水、土壌と、自然の力と環境を活かして栽培をしています。

おひさまのいちご園では、「いばらキッス」「ひたち姫」「とちおとめ」「おいCベリー」「京虹(きょうこう)」「桃薫(とうくん)」の6品種を作っています!「京虹」は、生まれも育ちも常陸大宮市で、ジューシーでさわやかな食味で、「桃薫」は、桃のような甘い香りが特徴のイチゴです。出来る限りイチゴが完熟の状態で収穫できるよう、ハウス内を低温で管理することで、じっくりと時間をかけて熟し、より甘く育っています。

 

菅野さんは、みんなでイチゴの楽しみ方を共有したいという想いで続けています。加工品などで食べるだけでなく、イラストやロゴなど見る楽しみもできるのが魅力。菅野さんは、人とのつながりを大切に、これからもイチゴ作りを続けていきます!

2021年01月12日(火曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」、水戸市の田中貴史さん!

きょうの「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、水戸市でネギを生産する生産者をご紹介しました。メッセージは、去年10月から水戸市初の地域おこし協力隊員として活動する田中貴史(たなか・たかし)さんでした。

田中さんは、JA水戸のオリジナルブランド「柔甘(やわらか)ねぎ」を作っているJA水戸・水戸地区ねぎ生産部会で研修を受けています。生まれは山形県という田中さん。父が家庭菜園で1年を通して様々な野菜を作り、いとこも農業を営む環境で、身近にあった農業を始めようと思うことは自然の流れでした。年間を通して収穫できる「ねぎ」か「きのこ」を作りたいと考えていましたが、「柔甘ねぎ」を食べたとき、“ずっと噛んでいられる甘さ”で、今まで食べてきたねぎとの違いに驚いたそう!です。圃場がある飯富地区の土地は肥沃で栄養があり、丹精を込めたこだわりの作り方で、農薬も最低限に抑え丁寧に作っていいます。 柔甘ネギは、生産者などで作る団体の申請に基づいて農林水産物や食品のうち産地名などを含んだ特産品を地域ブランドとして国が登録する制度「地理的表示(GI)保護制度」に登録しています。

辛味やえぐみが無く、生でそのまま食べられる甘いところが特徴!

今年も美味しい柔甘ネギができました!

田中さんは、これからも定住し農業を続けて、美味しいネギをたくさん作れるように頑張っていきます。

2021年01月05日(火曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」、那珂市まるも農園の藻垣彰人さん!

きょうの「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、那珂市でさつまいもを生産する生産者をご紹介しました。

メッセージは、まるも農園の藻垣彰人(もがき・あきひと)さんでした。

藻垣さんは、サラリーマンから新規就農して5年目。1年目から、さつまいもを作っています。転職を考えた藻垣さんが、つらいときに食べることで元気になり、励まされたことから、農業をはじめたそう。農業を始めるにあたって、笠間市で1年間、有機農業を学んでから独立しました!現在は、減農薬で野菜を作っています。そして生産したさつまいもは干し芋に加工し生産から干し芋づくりまで一貫して行っています。かつては薪でお湯を沸かして作っていましたが、品質の良いものを作るため、現在のボイラーを使った方法になりました。衛生的にも良い乾燥機で、効率よく干し芋を作っています。今年は、14トンのさつまいもを収穫し、家族4人で干し芋をつくります。干し芋づくりが忙しい冬の時期は、朝3時に起きて作業をはじめるそう!

紅はるかで作る干し芋は、寒さにあてると甘さが増します!糖度は15度以上!今年はお客さんからのリクエストがあり、柔らかく、もっちりとした食感を目指しています。お客さんとの交流も大切にしながら、食を通じて多くの人に喜んでもらいたいという思いで生産しています。これからの目標は、栽培面積を広げて、干し芋の生産量を増やしていきたいと話していました!現在は、販路拡大にむけてうごいているそう。藻垣さんの挑戦は続いていきます!

2021年01月04日(月曜日)

県農業経営士協会が国内外向け英訳パンフ作成!

知事が認定する資格の農業経営士には、地域農業のリーダーになることが期待されています。役割の1つに、生産現場の課題解決に向けた取り組みがありますが、県農業経営士協会が、国内外のバイヤーに茨城自慢の農産物を知ってもらうための、英訳入りパンフを作成しました。2020年12月18日に記者会見で明らかにしました。

 

 

A4判のパンフには、55人の農業経営士が登場し、自慢の農産物や自身、農作業の様子が登場した写真とともに、1人1人が農産物に抱く思いやこだわりを掲載、自慢の一品を紹介しています。海外のバイヤーにも手に取ってもらえるよう、アピールしたい情報には英訳も付けました。

 

 

 

協賛企業や、農業経営士らが出資して発行に当たり、担い手や従業員の募集に関する情報も掲載されています。茨城県は北海道などに次ぐ農業県ですが国内外での生産者個々の優れた農産物の認知度は低いということです。県農業経営士協会の浜野博士会長は「パンフレットの活用で新しい取引を生み出し『もうかる農業』を実現したい」と話していました。まずは来年2月に幕張メッセで開かれるスーパーマーケットトレードショーで配布されるほか、県内のホテルや、銀行などにも設置して、国内外のバイヤーなどに対し、魅力的な農産物が多いことを印象付けたい考えです。

2021年01月04日(月曜日)

聴いてみよう!市町村長のひるごはん。筑西市の須藤茂市長が下館ラーメンをPRしました。

市町村長のひるごはん!2020年12月15日は、筑西市の須藤茂市長を筑西市役所に訪ね、市民のソウルフード「下館ラーメン」をPRしました。

 

 

 

「濃口醤油の鶏ガラスープに鶏チャーシューの味を、みなさんも、ぜひ食べに来てください」とPRしていました。食の資源がいっぱいの県西地域!筑西市の須藤市長のメッセージは近日、放送される予定です。

2021年01月02日(土曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」、鉾田市米川農園の米川睦美さん!

きょうの「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、鉾田市でさつまいもを生産する生産者をご紹介しました。

メッセージは、米川農園の米川睦美(よねかわ・むつみ)さんでした。

 

 

鉾田市上釜という海の近くの土地に畑があり、昔からさつまいもを栽培しています。米川さんは、シルクスイート、紅はるか、ハロウィンスイートなど7品種のさつまいもを作っています。今年は新たに、紫色をした新品種の「ふくむらさき」と「すずほっくり」「くりまさり」を作ったそうです。米川さんは、3年ほど前から焼き芋を作りはじめました。じっくり作った焼き芋を真空パックにして販売していて、全国の人に味わってもらっています。

鉾田市の女性農業士の会でも、さつまいもで加工品を作らないかと提案されて始めました。シルクスイートや紅はるかは“しっとり系”、あいこまちは“ホクホク系”になります。秋の味覚のさつまいもは今や甘くてホクホクだけではありません。これまでの常識を超えた「新タイプのさつまいも」が登場しています!焼き芋の食べ比べで、楽しんでほしいそうです!

 

 

今年から作り始めたサツマイモは、今後、焼き芋で販売できるかどうか試作を重ねています!「ふくむらさき」は鮮やかな紫色で見た目にも華やか。食べてみると甘味がしっかりでていながらも、しつこくなく、香りが良いです!     さつまいもは、2月に苗を作り4月に定植し、11月にシルクスイートの収穫がはじまります。キュアリング処理をして貯蔵させることで、でんぷんが糖分にかわりより甘くなります。今年も美味しいさつまいもができました!焼き芋でも味わってみてください!

2021年01月02日(土曜日)

「いばらきを食べて大きくなろう!」つくば市から「福来みかん」の生産者、飯島朗さん!

つくば市から「福来(ふくれ)みかん」の生産者のご紹介です。「福来みかん」は筑波山の山すそで育つ特産の小粒のみかんで、今、収穫の最盛期を迎えています。どんな料理にも大活躍します!生産者の飯島朗さんのメッセージは近日放送予定です!

 

最近の記事

バックナンバー