IBS茨城放送 食プロジェクト

IBS茨城放送 食プロジェクト

2016年08月16日(火曜日)

聴いて見よう!市町村長のひるごはんin行方!

2016年8月13日。

茨城放送「食」プロジェクト。

2013年にスタートして以来、茨城県内のさまざまな「食」の資源を紹介しながら、茨城の「食」を盛り上げようという行動を続けております!

が、地域にはそれぞれ、地元が誇る、地元が愛する、地産地消メニューがいっぱい!!

そこで、この夏から、茨城放送「食」プロジェクトは、新企画として「聴いてみよう!市町村長のひるごはん」をスタートさせました!

第1弾は60品目以上の農産物が生産されている行方市。

そこで、鈴木周也市長にひるごはんのメニューを聴いて見ると・・・。

古くから、冠婚葬祭や集まりのおもてなし料理として受け継がれてもきたという「花寿司」でした。

のりや薄焼きたまごで巻かれ、花柄だったり、文字であったりとそれぞれに個性があります。

一般の家庭で受け継がれていくこの花寿司は麻生地区のお店でも購入できるとか。

見て楽しい、食べておいしい花寿司。

もちろん、具材はほぼほぼ行方産。

ぜひ、ひるごはんにいかがでしょうか。

茨城放送では「聴いて見よう!市町村長のひるごはん」シリーズを、ほかの市町村長も尋ねて、お話を伺う予定です。

ご期待ください!

最近の記事

バックナンバー