IBS茨城放送 食プロジェクト

IBS茨城放送 食プロジェクト

2016年05月19日(木曜日)

いばらきの、生産者さんこんにちは。 行方市「コイ」

5月10日放送の「いばらきの、生産者さんこんにちは」。

行方市の「コイ」を紹介しました。

メッセージは、行方市にお住まいの、霞ヶ浦北浦小割式(こわりしき)養殖漁業協同組合、理崎茂男(りさき・しげお)さんでした。

琵琶湖に次いで全国第2位の広さを誇る霞ヶ浦ではコイの養殖が盛んで、日本一の生産量を誇ります。

理崎さんは、霞ヶ浦で30年以上コイの養殖を続けています。

いけすで、卵を孵化させて稚魚を育て、さらに、養殖場に移動させます。

コイは2年で30センチ、体重1キロから2キロに成長します。

今はコイの産卵時期。漁業で暮らす人々には待ちに待った季節の到来です。

水ぬるむ霞ヶ浦に今年も、新たな命が希望に乗せて生まれています。

ちなみに、行方市はコイの加工も盛んです。

昔から健康や美容によいとされ、地域の貴重な栄養源になってきました。

コイのあらいは生姜醤油で食べるのが定番だとか。

また、漁師が多かったこの地域では、めでたい席に必ずといっていいほど、コイの腹合わせを貢物としていて、男女の結納の席にも登場するとか。

霞ヶ浦がもたらす水の恵みが生み出した、コイの強さと旨味をぜひ、ご賞味ください!!

最近の記事

バックナンバー