IBS茨城放送 食プロジェクト

IBS茨城放送 食プロジェクト

2016年04月13日(水曜日)

いばらきの、生産者さんこんにちは。 小美玉市「いばらキッス」

2016年4月12日

いばらきの、生産者さんこんにちは。

小美玉市「いばらキッス」

 

4月12日放送の「いばらきの、生産者さんこんにちは」。

小美玉市のいちご「いばらキッス」を紹介しました。

メッセージは、小美玉市佐才で「いばらキッス」を生産する、浜野博士さんでした。

茨城県内ではたくさんの種類の農産物がとれますが、中でも、3年半前に品種登録した「いばらキッス」は、

茨城県が8年をかけて開発したいちごの新品種です。

茨城県内のいちごといえばこれまで、とちおとめが多く栽培されていましたが、とちおとめというと、栃木県のイメージが強かっただけに、茨城オリジナルの品種で勝負したい、と開発に力を入れてきました。

作付面積も拡大中で、市場向けに150トン以上を出荷します。

ちなみに、この浜野さん。

小美玉市と行方市のほかの生産者とともに、6人で「いばらキッスブランド研究会」を作っています。

グループでは今年も年末に、都内のデパートに贈答用の特選品として出荷する計画を立てています。

パッケージは深緑の化粧箱に銀色のいちごの葉がデザインされています。

ラジオをお聴きの皆さんも「いばらキッス」を食べ、さらに、首都圏の方々におしゃれな一品を、お薦めしてみてはいかがでしょうか。

最近の記事

バックナンバー