LuckyFM茨城放送 食プロジェクト

LuckyFM茨城放送 食プロジェクト

2017年01月05日(木曜日)

いばらきの、生産者さんこんにちは。 これからが旬、鉾田市の「いちご」

12月6日の「いばらきの、生産者さんこんにちは」は、鉾田市の「いちご」をご紹介しました。

メッセージは、鉾田市で5月から、いちごの生産者を目指して研修中の風早聡一郎(かざはや・そういちろう)さんでした。

茨城県の果物の生産地の1つ、鉾田市にあるいちご園では、来年に向けて、いちごの生産が続いています。

風早さんが研修する農園のハウスは36棟あり、旬を迎えるころには「とちおとめ」や「やよいひめ」の2種類を味わうことができます。

甘い香りを漂わせて真っ赤に色づき、果汁と甘み、ほどよい酸味が口いっぱいに広がる味わいになるとか。

農園の現在のスタッフは合計16人。

分業制ではなく、ハウスごとに担当者を決めて行っているそうです。

同じ苗を世話することで、いちごのちょっとした変化にも気付くことができ、自分で作ったいちごとなると、責任感が生まれるとか。

収穫したいちごも、スタッフ毎に色分けしたコンテナに入れるので、誰が作ったいちごなのかひと目でわかるようにしています。

他のスタッフの作ったいちごを見て、そこでも気付きが生まれる。

スタッフの明るい笑い声といちごの話題がたえない農園です。

皆で考え、話し合い、勉強しながらいちごにとってベストな環境作りに励んでいます。

風早さんは30歳。

5月に千葉県から家族で鉾田市に移住したそうです。

いちごの生産者として、鉾田市で独立を目指します。

サッパリ!上品な甘みの“いちご”、ぜひ、ご賞味ください。

最近の記事

バックナンバー