IBS茨城放送 食プロジェクト

IBS茨城放送 食プロジェクト

2020年04月02日(木曜日)

「いばらきの、生産者さんこんにちは。」茨城町で「愛ちゃんメロン」と名付けられた「オトメメロン」の生産者、JA水戸茨城町メロン部会の相田幸夫さん!

 2020年3月30日の「いばらきの、生産者さんこんにちは。」は、茨城町で「愛ちゃんメロン」と名付けられた「オトメメロン」の生産者をご紹介しました。メッセージはJA水戸茨城町メロン部会の相田幸夫(あいた・ゆきお)さんでした。

 

 

 今年も茨城町の「愛ちゃんメロン」の出荷が始まりました。JA水戸では、去年から、出荷に新たな選果設備を導入し、集計作業の自動化などをスタートさせています。等級や糖度などの検査も自動化できるようになり、出荷作業の際の手間を省くことができて、効率が高まったそうです。一方、メロンの外箱にはカットメロンの写真をカラーでプリントし、デザインを変更しています。

 

 

 

 県産メロンのイメージアップを図って、さらなるブランド化も進めているとのことでした。相田さんは3年前に両親から農業を継ぎ、メロンの栽培をしています。相田さんもメンバーである、JA水戸茨城町メロン部会の「オトメメロン」が、今月25日、県内のメロン産地のトップを切って出荷されました。

 

 

 

 

 5月上旬に出荷のピークを迎えます。その後は、「アンデスメロン」「レノンメロン」が5月中旬、5月下旬に最盛期になる見通しです。生産者は44人、面積は37ヘクタールです。おいしいメロンづくりへ、今シーズンの販売への期待も高まっています。

 

最近の記事

バックナンバー