2021年04月07日(水曜日)

ネット通じ授業を受ける「S高」でVR入学式開催

インターネットを通じ授業を受けられる通信制の高校「S高校」がつくば市に新たに開校し、VR=バーチャルリアリティーの技術を使った入学式が行われました。

「S高校」は、出版や動画配信を手がけるカドカワグループ「角川ドワンゴ学園」の通信制の高校です。沖縄県の「N高校」と合同でVRの仮想空間を使った入学式が開かれ、新入生たちは自宅からインターネットを通じて参加しました。

式には、「S高校」の吉村総一郎校長が「アバター」と呼ばれる自分の分身を使って登場しました。

入学式では、メディアアーティストで筑波大学准教授の落合陽一さんが祝辞を述べました。

S高校では、登校して授業を受ける「スクーリング」も行われる予定です。

過去記事アーカイブ