番組ブログ

スクーピーレポート

最近の記事

バックナンバー

2017年11月29日(水曜日)

元田のチアスポーツ☆

こんにちは!

月曜日にレポートを担当した元田です!

 

今週月曜日の午前は『元田のチアスポーツ』をお送りしました♪

 

この企画はスポーツを頑張っている団体や選手をご紹介していくもので、

特に2019年のいきいき茨城ゆめ国体に向けて

活動されている方々を応援しに行っています(^o^)

 

今回お話しを伺ったのは、

今年から茨城県競技力対策本部のスポーツ専門員として活動している、

アーチェリー選手の三浦雄樹(みうらゆうき)選手です。

 

放送の中でも実際に弓を射ってもらいましたが、

アーチェリーは70メートル先の標的を目指します。

 

その標的との距離は数字では聞いていたものの、

実際に目にすると、 まず肌で感じる遠さに驚きました…!(゜o゜)

 

そして弓かまえる姿からも、その集中している様子や緊張感が伝わってきました。

 

矢を放して「シュワッ」という音が聞こえたかと思うと、

もうあっという間にその矢は的に当たっているのです!

初めて間近でみたアーチェリーに、私もとても興奮していました!!

 

 

IMG_2927

 

 

まずはこうして競技に触れさせてもらった後に、

三浦選手自身のことを色々と伺いました。

 

 

三浦選手は青森県出身。

青森県は実はアーチェリーの盛んな地域だそうで、

三浦選手自身も高校生の頃から部活でアーチェリーを始めたそうです。

 

それまでは剣道やバスケ、陸上競技も経験していたとのことですが、

アーチェリーのような個人スポーツの

「練習すればするだけ自分の身になる」ところに惹かれたようです。

 

そして昨年、日本体育大学を卒業してから茨城県に来た三浦選手。

やはり学生の時と比べて練習量もほぼ倍に増えて、

アーチェリーとの向き合い方も変わったとのこと。

 

休みの日も暇さえあれば動画サイトでアーチェリーの世界大会を観て

研究やイメージトレーニングを重ねているそうです!

 

ただオフの時は弓は触らないようにしているという事は決めているらしく、

その理由も「練習がしたくなるから」。

練習がとても好きだということなんです(*^_^*)

 

そんな勉強熱心な三浦選手ですが、

アーチェリー以外で好きなことはドライブとラーメン。

 

特にラーメンは県内中遠出をしてまでラーメン巡りをするそうで、

これまでクールな様子の三浦選手も、

ラーメンのお話しをしていた時はお顔の表情がゆるんでいましたよ^^

 

アーチェリーという競技は体格が大きいほど良いということで、

食事もバランス良く食べるように心がけて好きなものを食べているそうです!

試合前もファーストフード店で食事をすることもあるんだとか!

 

お話しを聞いていて意外だったことも多かったですが、

さらに意外だったのは、「集中力」について。

 

競技中、標的を狙う上であれだけの集中力をどう保っているのか聞いてみると、

実は「集中」に関しては、集中しようと神経を尖らせるというよりは

「あまり気にしないようにしている」とのこと。

 

人の最大の集中力は2秒ほどしかもたないということで、

弓を射る瞬間だけ集中していると仰っていました(*_*)

 

三浦選手とお話しをしていると、

これらの事を普通の事のようにお話ししていましたが、

詳しく聞いていく内に日々の鍛練をいかに積んでいるのか、その努力の賜物を感じました。

 

 

最後に2019年の茨城国体の抱負を聞くと、

「個人としても良い成績を収めて、

 更に競技を盛り上げるべく、周りのみなさんと一致団結して

 頑張っていきたい!」とのことでした。

 

 

IMG_2926

 

 

 

また選手としてだけでなく、学生を指導する立場としても活動されている三浦選手は、

アーチェリーという競技をもっと皆さんに知ってほしいという想いが強いそうです。

 

今回取材させていただいた場所である笠松運動公園でも、

(今年度の募集は既に終わっているとの事ですが)

体験教室を開催することがあるそうなので、

アーチェリー競技の益々の普及と発展を目指したいというお話しもありました!

 

 

今後もみなさんで三浦選手、

及びアーチェリー競技に注目して応援していきましょう☆