番組ブログ

スクーピーレポート

最近の記事

バックナンバー

2017年06月12日(月曜日)

中国茶でリフレッシュ★@水戸市

こんにちは)^o^(水越です!

 

ついに梅雨入りしましたね!

湿度が高くなると、髪がまとまらなかったり

気分が落ち込んだり、体調がすぐれなかったりしますよね。

 

そんな憂鬱な気持ちをリフレッシュさせる方法のひとつ、

中国茶」をご紹介しました(*^_^*)

お茶の発祥の地は中国と言われていますね。

広大な中国大陸で地域や季節によって

さまざまなお茶文化をはぐくんできました.

 

中国茶といっても種類は2000種類以上!!!!!

驚きの数字ですね。。。

製茶の過程で行われる発酵の度合いなどによって種類が分かれます。

 

中国茶は大きく分けて6種類に分類されます。

発酵をさせない無発行のものを「緑茶」(日常的に飲まれているものですね^^)

弱発酵させたものが「白茶」、弱後発酵が「黄茶

半発酵が「青茶」、全発酵させたのが「紅茶

長時間発酵させたものが「黒茶」とわけられます。

 

その6大茶葉に花の香りを吸収させたものを「花茶(はなちゃ)」といいます。

 

今回はその「花茶」について伺いました!

 

水戸市にある中国茶専門店「十倶茶 游(じゅくちゃゆう)」さんへ!

こちらの店内で中国茶は100種類以上あるそうです!(゜o゜)

 

ん~~~~~~~~~選べないっ!!!!!!!!(笑)

そこで香りでリラックスするのにおすすめな

モクレン」のお茶をいただきました(*^_^*)

茶葉

上がモクレンのお花で

下のまるっとしているのが茶葉です。

 

そしてそのお茶をいれるときのセットがこちら!中国茶セット

 

おもてなしの際に使うとか!

 

 

茶器右:聞香杯(高さ5センチほど)

左:茶杯

まずは聞香杯にお茶を注ぎます。

くるりんぱ

そして茶杯をかぶせます!

それから上下をしっかりとおさえて、くるっと茶杯が下にくるように、ひっくり返します。茶器2

 

すると茶杯のほうにお茶が移りますね。

この後、聞香杯を鼻にもってくると

モクレンの香りが残っているんです(*^_^*)

ジャスミンに少し似たような

上品な甘い香りがします(*^_^*)

 

お茶もいい香りがするので

心が安らぎます♪

じめっとした気分も忘れてしまいそう!

目をつむって香りをかぐと、

そこにお花があるようです…。

 

お花の種類も季節によってかわってくるので

その時々の気分などに合わせて楽しんでいただけると思います☆

わたなべさんとお話いただいた渡辺さんと!

中国茶、奥が深いです。

花茶の香りに癒されて

すっきりとした表情の水越です。

十倶茶 游のみなさんも

ありがとうございました☆

 

 

さて話は変わりまして、6月11日に誕生日を迎えまして

27歳になりましたー(^_^)vわーい(^_^)v

 

リスナーの皆様から

たくさんお祝いの言葉をいただきまして

大変うれしく思っております。本当にありがとうございます(;O;)恐縮です(;O;)

私の好きなBOOWYの氷室京介さんのポストカードまで

いただきまして、本当にありがとうございました(;O;)

 

これからも明るく楽しいレポートを

お届けしていきたいと思ってます!!!!

みなさんのメッセージを胸に頑張ります☆

とても幸せな誕生日になりました!

 

皆様、今後ともよろしくお願いいたします!